ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス レディース デイトジャスト Ref.179174G ハックレバー破損

2020.08.31

今回は、レディースモデルに搭載されている、Cal.2235のハックレバー破損をご紹介いたします。
ハックレバーとは、時間を合わせる際に秒針をピタッと止めるための部品です。
Cal.2235は、カレンダー付ですので、時間を合わせる際は、リューズを二段引くと、ハックレバーが効いて剣回しができるようになりますが、今回のロレックスは、一段引いた状態(カレンダー早送り段)でハックレバーが効いてしまうという症状でした。

テンプの脇に見える小さな爪のような部品がハックレバーです。 テンプの脇に見える小さな爪のような部品がハックレバーです。リューズを引くと、天輪に近づいていき、二段引いたところでは、天輪の下に潜り込むようにして天輪の動きを強制的に止めます。不良のハックレバーです。先端が曲がっています。 不良のハックレバーです。先端が曲がっています。一段引いた状態でも、曲がった先端が天輪と触れてしまい、テンプの動きを妨げてしまうとい状態でした。

 

通常の使用では、曲がることはあまりないのですが…。 通常の使用では、曲がることはあまりないのですが…。とても薄い部品ですので、曲げ直すことはせずに交換いたしました。 とても薄い部品ですので、曲げ直すことはせずに
交換いたしました。

 

ハックレバーがあると、秒の調整も容易に行えます。 ハックレバーがあると、秒の調整も容易に行えます。

 

今回の、ハックレバー破損の原因は不明ですが、もしも操作の途中で違和感や引っ掛かりを感じた際は、無理に操作せずに、一度戻してから再度操作をやり直すようにすることで、無用の破損を防ぐことがあります。引っ掛かりが頻発するようでしたら、お近くの店舗までご相談ください。