ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス GMTマスター Ref.16750 オーバーホール

2018.09.13

今回ご紹介するのは、Ref.16750 GMTマスターです。ムーブメントは Cal.3075 です。

プラスチック風防とやけた夜光塗料が、現行品には出せないノスタルジーな雰囲気があります。近年人気が上昇中のGMTマスターです。
プラスチック風防とやけた夜光塗料が、現行品には
出せないノスタルジーな雰囲気があります。

 

カレンダーがしっかりと切り替わりません。Cal.30系に多い症状です。カレンダーがしっかりと切り替わりません。
Cal.30系に多い症状です。
ダイヤルに擦ってしまいそうです。注意が必要です。ダイヤルに擦ってしまいそうです。
注意が必要です。

 

自動巻き機構には、金属粉がかなり発生していました。自動巻き機構には、金属粉がかなり発生していました。自動巻き機構には、金属粉がかなり発生していました。

 

これはローター真に摩耗などの不良がある可能性が高いことを意味します。ローターの内側には、受けと擦れた跡がありました。
これはローター真に摩耗などの不良がある
可能性が高いことを意味します。
オイルも完全に切れています。よく見てみると、穴石の間に、ホコリが挟まっていました…。オイルも完全に切れています。よく見てみると、
穴石の間に、ホコリが挟まっていました…。

 

4番車も交換が必要なほどに摩耗しています。4番車も交換が必要なほどに摩耗しています。下洗いをした際に、更にリバーシングホイルに不良をみつけました。金属粉が多く、始めに見逃してしまいましたが、
下洗いをした際に、更にリバーシングホイル
に不良をみつけました。

 

比べてみると一目瞭然です。もちろん交換となります。比べてみると一目瞭然です。もちろん交換となります。比べてみると一目瞭然です。もちろん交換となります。

 

巻上の重さに異常を感じていましたが、自動巻きの金属粉が原因と思っていました。巻上の重さに異常を感じていましたが、自動巻きの
金属粉が原因と思っていました。しかし、
丸穴中間車のポストも摩耗も原因の一つでした。

 

この様に、ヴィンテージモデルは修理の履歴がハッキリしないものもあります。
もちろんこの時計は、しっかりとメンテナンスをいたしましたが、個人間での売買では今回のような状態のものも存在していると思われます。購入は、しっかりとメンテナンスされたところを選んだ方が良いのではないでしょうか。

  
  • 最近の修理実績

  • 2018年9月
    « 8月   10月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930