ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス デイトナ Ref.116506A Ref.116506 アイスブルー オーバーホール

2021.06.15

今回は、修理で持ち込まれた、Ref.116506と116506Aをご紹介いたします。
発売当時、プラチナ素材にアイスブルーダイヤルが採用され、ラグジュアリーな中にも清潔感があり、さらにチェスナットブラウンのセラクロムベゼルが次世代のデイトナを想わせる1本だったことを覚えています。

左Ref.116506A 右Ref.116506 左Ref.116506A、右Ref.116506
インダイヤルの枠で印象が全く違います。
LiGAによるクロノランナーと4番車が使用 今回メンテナンスした、Ref.116506A には、LiGAによるクロノランナーと4番車が使用されたCal.4130が搭載されていました。

 

これにより、車の歯同士の僅かな隙間(バックラッシュ)を埋めています。 これにより、車の歯同士の僅かな隙間(バックラッシュ)を埋めています。Ref.116506に搭載されていた、従来のクロノランナーとテンションスプリングです。 Ref.116506に搭載されていた、従来のクロノランナーとテンションスプリングです。

 

バックラッシュがあるとクロノグラフ針が細かく震えるように進んでしまいます。 バックラッシュがあるとクロノグラフ針が細かく震えるように進んでしまいます。

 

そこでテンションスプリングによって僅かにクロノランナーを押し付けることによって、針の震えを抑えています。
テンションスプリングはとても薄く、調整時の破損や、摩耗による過負荷の問題も起こりやすかったために、新型のクロノランナーの登場はとてもありがたい存在です。
ただ、非常に繊細な作りとなっているために、取り扱いには細心の注意が必要となります。
超高額なプラチナモデルのデイトナですが、気になる方はお近くのクォークまでお問合せしてみてはいかがでしょうか。

 

知人から、1.5キロの立派なアオリイカをいただきました。 知人から、1.5キロの立派なアオリイカをいただきました。アオリイカは初めてでしたが、今まで食べていたイカはイカではなかったと思うほど絶品でした。