ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス デイトナ Cal.4130

2018.02.22

オーバーホールで持ち込まれたデイトナ Cal.4130ですが、分解したところ、想像した以上に酷い状態でした。裏蓋を開け、一見したところ特に異常はみられませんでしたが、少し分解すると、サビや部品が削れて発生した金属粉が見つかりました。

自動巻き機構を外したところです。香箱が削れてでた金属粉が溜まっていました。自動巻き機構を外したところです。
香箱が削れてでた金属粉が溜まっていました。
こちらは丸穴車を外したところです。サビが発生していました。こちらは丸穴車を外したところです。
サビが発生していました。

 

今回の不良個所は、この段階ですと、どちらも使用中に気が付くことは難しいと思われます。機械を大事にするならば、定期的なメンテナンスは欠かせません。

  
  • 最近の修理実績

  • 2018年2月
    « 1月   3月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728