ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

オシドリ不良

2017.10.19

Cal.2235のオシドリ不良をご紹介いたします。

今回の症状は、オシドリのピンが折れてしまい、リューズを引いた際のクリック感がなくなってしまうというものでした。

今回は折れた部品が近くで発見できました今回は折れた部品が近くで発見できましたが、
かけらが機械内部で動き回り、
時計を止めてしまう可能性もあります。
良品と不良品を並べてみました。良品と不良品を並べてみました。

 

この段を越える際の引っ掛かりが、リューズを引いたときのクリック感となります。この段を越える際の引っ掛かりが、
リューズを引いたときのクリック感となります。

 

小さい部分に、大きな力が加わりますので、不良が出やすい箇所といえます。
機械式時計は繊細ですので、違和感を感じた際は、力任せに操作せずに、一度やり直すなどすれば不具合を未然に防ぐことができるかもしれません。

  
  • 最近の修理実績

  • 2017年10月
    « 9月   11月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031