ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ヒゲゼンマイ

2017.06.22

今回は、「時計をぶつけてから、時間の異常な進みがでてしまった」と、もちこまれた時計の原因部分をご紹介いたします。

バックケースをあけると、テンプのヒゲゼンマイが絡んでいました。バックケースをあけると、
テンプのヒゲゼンマイが絡んでいました。
絡みをほどき、微調整をしました。絡みをほどき、微調整をしました。

 

その後、各部をチェックしオーバーホールをいたしました。

機械式腕時計に衝撃は大敵です。酷い場合は、天真が折れることもございます。時計をしながら、大きな衝撃が加わるスポーツなどは避けた方がよいと思われます。

  
  • 最近の修理実績

  • 2017年6月
    « 5月   7月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930