ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス デイトナ Ref.16520 クロノグラフ不良

2014.11.27

Ref.16520 Cal.4030 U番(1997年製)

今回のご依頼品はデイトナRef.16520のクロノグラフリセット不良です。
 
作動させたクロノグラフをリセットする際にが30分責算計の針が所定の位置に戻らず、リセットする度にズレがでてしまうとのことで修理のご依頼をいただきました。
 
ご依頼品のリセット不良の症状は状態により針不良が推測され、顕微鏡にて針の状態を確認致しました。
結果、不良個所の針のパイプ部にヒビが見受けられ、ご依頼品の症状の原因は針不良によるリセット不良が判明いたしました。
パイプ部にヒビがはいることにより、針の取り付いている状態が不充分になり、リセット時の針にかかる衝撃でズレがでてしまっていました。
 
今回のご依頼品の修理は、原因が針のパイプ部のヒビによるものだったため、新品の針に交換し修理を完了いたしました。
 
原因個所の針の状態を写真でご紹介します。
 

今回の不良個所です今回の不良個所です。針のパイプ部にヒビがはいっているのが見受けられます針のパイプ部にヒビがはいっているのが見受けられます。
このようにヒビがはいってしまった針は、リセット不良がでてしまうため交換が必要になります。

 

パイプ部にヒビやカシメ部の緩みなどが見受けられる場合、針を取り外す際にパイプ部が外れてしまうことがありますパイプ部にヒビやカシメ部の緩みなどが見受けられる場合、針を取り外す際にパイプ部が外れてしまうことがあります。修理後のご依頼品です修理後のご依頼品です。
リセット不良の症状も改善し、時計の精度も良好です。

 

  
  • 最近の修理実績

  • 2014年11月
    « 10月   12月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930