ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

長期間使用しない場合

2023.12.06

ここ最近、電車内などでロレックスを付けている方を見る機会が少し減ったように感じます。同時に、長期間使用予定がない旨が添えられた修理品が増えています。理由はいろいろあると思いますが、今回は長期間タンスにしまう前のメンテナンスの必要性をご紹介いたします。外装の汚れや、機械のオイル切れ、またはすでにサビが発生している状態でしまい込んでしまうと、思いもよらない状態となってしまうことがあります。

リューズ、チューブ(プッシャー)周りは汚れが溜まりやすく、腐食や固着の可能性があります。 リューズ、チューブ(プッシャー)周りは汚れが
溜まりやすく、腐食や固着の可能性があります。
ブレスレットの内側は皮脂が溜まりやすく、長時間そのままにしてしまうと腐食してしまう。 ブレスレットの内側は皮脂が溜まりやすく、長時間そのままにしてしまうと腐食してしまい、元に戻せない痕が残ってしまうことになります。

 

ゴムパッキンやクリスタルパッキンは劣化すると、硬化して防水性能が失われてしまいます。 ゴムパッキンやクリスタルパッキンは劣化すると、硬化して防水性能が失われてしまいます。そうなってしまうと、湿気程度でも内部のサビに繋がります。硬化しているため、簡単に割れてしまいます。 硬化しているため、簡単に割れてしまいます。

 

 

ムーブメント内で発生した錆がダイヤル上にまで散らばっている状態です。 ムーブメント内で発生した錆がダイヤル上にまで
散らばっている状態です。
使用後そのまま長期間放置した結果です。 使用後そのまま長期間放置した結果です。
使用後そのまま長期間放置した結果です。バックケースの固着により確認することもできなくなる寸前の状態でした。サビによるケースの虫食いは補修が難しく痕が残ってしまいます。

 

クリスタルパッキンも朽ちている状態でした。 クリスタルパッキンも朽ちている状態でした。

 

サビによる外装の虫食いは防水性能に致命的なダメージを与えてしまい、時計の価値を著しく下げてしまうこともあります。このようにならないためには、長期間の保管前にオーバーホールが必要です。また、長期間保管していた時計を使い始める際も、オイルが切れている可能性があり、部品の摩耗が一気に進んでしまいますので、一度チェックをしてからお使いいただくのが安心です。