ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス ムーブメント Cal.3255 オーバーホール

2022.01.06

2015年、新型デイデイトに搭載されデビューしたCal.3200系ですが、徐々にオーバーホールに持ち込まれる数が増えてまいりました。

特殊形状のネジで留められているローターは、真からボールベアリングへと変更されています。 特殊な形状をしたネジで留められているローターは、真からボールベアリングへと変更されています。Cal.3100系では、ローター真の摩耗が目立っていましたので、しっかりと対策されています。受けの表面にサビが確認できます。どこで発生しているのでしょうか。 受けの表面にサビが確認できます。
どこで発生しているのでしょうか。

 

自動巻き機構のリバーシングホイルのホゾです。 自動巻き機構のリバーシングホイルのホゾです。
オイルが切れて、サビが出始めています。
巻上車のホゾにもサビが出ています。 巻上車のホゾにもサビが出ています。

 

ダイヤル側です。 裏まわりが大きく変更されています。 ダイヤル側です。裏まわりが大きく変更されています。ゼンマイが収まる香箱の逆回転を止めている大切な部品です。 ゼンマイが収まる香箱の逆回転を止めている大切な部品です。細いバネから、しっかりとしたバネに変更されました。サビが出ています。

 

LiGAによる精密なガンギ車とアンクルです。 取り扱いには一層の注意が必要です。 LiGAによる精密なガンギ車とアンクルです。取り扱いには一層の注意が必要です。丸穴車の取付も特徴的です。 輪列も一新され、更にゼンマイも変更されたことでパワーリザーブが48時間から72時間となりました。丸穴車の取付も特徴的です。

 

依然として、メンテナンスの多くはCal.3100系ですが、今後増えていくCal.3200もメンテナンスの数が増えてくると、トラブルの傾向と、その対策が見えてくることと思われます。しかし、確実に言えることはメンテナンスをせずに使い続けていれば、必ず不具合は起こるということです。

 

冬用タイヤに交換しました。 冬用タイヤに交換しました。自分で交換する際の注意点は、ギックリ腰にならないようにすることです。