ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス Cal.4030 Cal.4130 比較

2021.12.08

今回は、デイトナに搭載されている、Cal.4030 4130を比較しながらご紹介いたします。
今までにも幾度となく比較され、紹介しつくされているとは思いますが、その中でも今回はクロノグラフ機構部分を詳しく見てみましょう。

Cal.4030 クロノグラフ機構の部品Cal.4030 クロノグラフ機構の部品Cal.4130 クロノグラフ機構の部品 Cal.4130 クロノグラフ機構の部品

 

クラッチの比較です。 クラッチの比較です。4030は横にスライドし、動力の切替をするのに対し、4130は縦方向に切り離して、動力の切替をします。さらに、カムがセットされているのでクロノ針のリセットまでこなします。 Cal.4030 Cal.4030
組み上げていくときは、ゼンマイからテンプまでを先に組んでから、最後にクロノグラフ機構を取りつけます。

 

裏側(ダイヤル側)にも12時間積算計がセットされています。 クロノ機構がムーブメント全体に及び、更に裏側(ダイヤル側)にも12時間積算計がセットされています。Cal.4130 先にクロノグラフ機構の一部から組み上げていきます。 Cal.4130 先にクロノグラフ機構の一部から組み上げていきます。スタート・ストップの基本動作部分が、ムーブメントの一部分だけに集中しています。

 

ゼンマイからテンプを組みます。 ゼンマイからテンプを組みます。その上に、クラッチ、積算計の車、クロノ車、ハンマーをセットします。 その上に、クラッチ、積算計の車、クロノ車、ハンマーをセットします。

 

積算計の位置が変更され、クロノ機構をまとめたことで、部品点数を少なくでき、メンテナンス性の向上にも貢献されています。部品点数を減らし、整備性を飛躍的に向上されたCal.4130は、ロレックスの傑作ムーブメントです。それに比べるとCal.4030は、調整箇所が多く、メンテナンス性にも劣ります。しかし、4130にはない、複雑な機械式時計らしさがあり、機械をみる楽しみがあると言えるかもしれません。

 

週末は、早朝暗いうちから家をでて、午前中に帰宅するスタイルのドライブをしています。 週末は、早朝暗いうちから家をでて、午前中に帰宅するスタイルのドライブをしています。混雑とは無縁でオススメです。