ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス GMTマスターII Ref.116710LN オーバーホール

2020.12.30

初回オーバーホールとして、V番のRef.116710をお持ちいただきました。V番といえば、2009年ごろの製造となりますので、約10年間メンテナンスを受けられていない状態ということになります。

剣回し(時間合わせ)ができないとのことでしたので、原因を探します。 剣回し(時間合わせ)ができないとの
ことでしたので、原因を探します。
写真は下洗いした後なので、あまり酷く見えませんが、実際にはサビと削れた金属粉で汚れていました。
表からはわかりませんでしたが、裏側が削れていました。 表からはわかりませんでしたが、
裏側が削れていました。

 

薄くなった歯が乗り上げてしまい、 薄くなった歯が乗り上げてしまい、噛み合わなくなったことが剣回し不良の原因でした。 噛み合わなくなったことが剣回し不良の原因でした。

 

不良部品は他にもありました。アンクルのツメ石が摩耗しています。 不良部品は他にもありました。
アンクルのツメ石が摩耗しています。
4番車です。Cal.3186では摩耗していることが多い部品ですが、ひときわ酷い状態でした。 4番車です。Cal.3186では摩耗していることが
多い部品ですが、ひときわ酷い状態でした。

 

3番車です。ホゾの摩耗が進んでいます。 3番車です。ホゾの摩耗が進んでいます。

 

今回、剣回し不良でお預かりいたしましたが、約10年間ノーメンテナンスということもあり、精度もパワーリザーブも低下していて、交換部品が多数発生してしまいました。Ref.116710のV番(スティックダイヤル)のお預かり品ですが、今後どのような価格変動が起きるかわかりません。もしも高騰したときにムーブメントが酷い状態ですと勿体ないと思いますので、早めのメンテナンスをオススメいたします。

途中、崩落による通行止めにあいながら、秩父から群馬の県境に行ってきました。 途中、崩落による通行止めにあいながら、
秩父から群馬の県境に行ってきました。
秩父の山奥といえば三峯神社が有名ですが、少しルートを外れると、 秩父の山奥といえば三峯神社が有名ですが、少しルートを外れるとループ橋や恐竜の足跡を間近に見ることができ、気軽に探検気分を味わうことができオススメです。