ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス Cal.2235 不動

2020.08.17

今回は、時計が止まってしまったとのことでお持ちいただきました、Cal.2235をご紹介いたします。止まりの原因はたくさん考えられますが、今回のロレックスはゼンマイ切れやオイル切れではないようです。

わかりにくいですが、カレンダー車を送るツメが変形しています。 わかりにくいですが、カレンダー車を送るツメが
変形しています。
大きく変形しているのが確認できます。 大きく変形しているのが確認できます。
これはカレンダーを早送りする際に、
誤った操作方法をとってしまったことが原因です。

 

変形したツメが、ダイヤルの裏側にキズをつけていました。 変形したツメが、ダイヤルの裏側に
キズをつけていました。

 

カレンダーを早送りして日付を合わせるときには、注意しなくてはいけない時間帯があります。
それは時計が、午後8時から午前4時の間です。この時間帯は、先ほどの変形してしまったツメがカレンダー車と非常に接近しています。そのときにリューズを回してカレンダー車を動かしてしまうと、大きな力がかかってしまい、部品の破損に繋がってしまいます。詳しくは、2020.5.20のブログをご覧ください。