ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス デイトジャスト Ref.1601 巻真 折れ

2019.10.03

リューズの先の巻真が折れているロレックス デイトジャスト Ref.1601をご紹介いたします。
メンテナンス履歴が確認できなかったので、最後のメンテナンスからどれほど経過していたのか伺い知れませんが、ホゾのオイルは切れていましたので、相当の時間が経っていたものとおもわれます。

巻真が折れてしまうと、リューズが外れ落ちてしまいますので、紛失にご注意ください。 巻真が折れてしまうと、リューズが
外れ落ちてしまいますので、紛失にご注意ください。
巻真にサビは見られませんでした。また、大きなキズもなく、衝撃によるものでもなさそうです。 巻真にサビは見られませんでした。また、
大きなキズもなく、衝撃によるものでもなさそうです。

 

チューブの付け根に汚れや、緑青が溜まっていました。 チューブの付け根に汚れや、緑青が溜まっていました。チューブ、リューズは消耗品です。防水性を考えると、ヴィンテージロレックスでも定期的な交換 チューブ、リューズは消耗品です。防水性を考えると、ヴィンテージロレックスでも定期的な交換が必要です。また、リューズを締めこんだ際の王冠の向きは、
交換すると変わってしまいます。

 

巻真が折れる場合、何かがぶつかったことや、巻真自体のサビによる腐食が多いのですが、今回は違うようです。しかし、分解してみるとすぐに原因がわかりました。2番車と筒カナのサビによって、抵抗が増加し、リューズ操作の際に巻真に大きな捻じれの力が加わってしまったことのようです。
定期的にメンテナンスを受けないと、思わぬ症状が起きる確率が上がってしまいますので、ご注意ください。

  
  • 最近の修理実績

  • 2019年10月
    « 9月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031