ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

オーバーホール

2019.09.26

一般的に、機械式時計は4~5年おきのオーバーホールが推奨されています。
しかし、実際に推奨期間内でメンテナンスを受けている方は少なく、7~10年という方が多くいらっしゃいます。中には購入から15年以上ノーメンテナンスという方も…。
今回ご紹介する写真は、いずれも10年以上メンテナンスを受けていなかったロレックスのパーツです。

リバーシングホイル リバーシングホイルオイルが切れた後も使い続けた結果、 オイルが切れた後も使い続けた結果、

 

真が磨滅しています。真が磨滅しています。

 

アンクル アンクルテンプの振り石と当たる部分ですが、かなり減ってしまっております。 テンプの振り石と当たる部分ですが、
かなり減ってしまっております。

 

Cal.1570 丸穴車 Cal.1570 丸穴車オイル切れによって、サビが大量に発生していました。 オイル切れによって、
サビが大量に発生していました。

 

ローター真の磨滅により、ガタついてしまい、振動からカシメが緩んだことによって、 ローター真の磨滅により、ガタついてしまい、
振動からカシメが緩んだことによって、
ムーブメントと激しく接触を繰り返していました。

 

使用期間は短くても、 使用期間は短くても、汚れはあっという間に溜まってしまいます。 汚れはあっという間に溜まってしまいます。

 

今回ご紹介したものは、著しく症状が進んだもので、精度の不良、異音、リューズを操作した際の異物感などが顕著に出ていました。また、汚れは、臭いの原因となり、衛生面からも好ましくないだけでなく、視線を集めやすいロレックスだけに悪目立ちしてしまうことでしょう。
定期的なメンテナンスで、精確で清潔なロレックスをお使いいただければとおもいます。

  
  • 最近の修理実績

  • 2019年9月
    « 8月   10月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30