ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

Cal.3135 オーバーホール

2019.06.13

不動によりお持ちいただいた、Cal.3135をご紹介いたします。

不動の原因は、ゼンマイ切れによるものでした。
不動の原因は、ゼンマイ切れによるものでした。
ムーブメントをケースから取り出す際に、巻真が引っかかる感触がありました。
ムーブメントをケースから取り出す際に、
巻真が引っかかる感触がありました。 よく見ると、
削れて発生したと思われる金属が付着しています。

 

巻真が通っている穴の内側が削れています。
巻真が通っている穴の内側が削れています。
巻真が通っている穴の内側が削れています。

 

巻真に力が加わってできたとみられる小さな突起がありました。
巻真に力が加わってできたとみられる小さな突起が
ありました。この小さな突起が、リューズ操作をする
たびに、少しずつ地板の内側を削っていたようです。

 

リューズ操作をする際は、様々な抵抗がかかっている為、地板を削っていることに気が付くことは難しいとおもわれます。また、はっきりとした原因は不明ですが、通常使用ではかからない力が加わったことによるものであることは間違いありません。
機械式時計は小さな部品の集合体ですので、操作、取り扱いにはご注意ください。

  
  • 最近の修理実績

  • 2019年6月
    « 5月   7月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930