ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス シードゥエラー Ref.16600

2019.04.04

ロレックスの中でも、特に高い防水性を誇るシードゥエラーですが、メンテナンスを怠れば、防水性を保つことはできません。

約10年間、メンテナンスを受けていなかった、Ref.16600 シードゥエラーです。約10年間、メンテナンスを受けていなかった、Ref.16600 シードゥエラーです。クリスタルのパッキンに汚れが侵入しています。クリスタルのパッキンに汚れが侵入しています。

 

正面からでもハッキリと確認できるほどの汚れです。正面からでもハッキリと確認できるほどの汚れです。パッキンの劣化もかなり
進んでいることが予想されます。

 

シードゥエラーに限ったことではありませんが、ダイヤルに表記されている防水性能は、定期的にメンテナンスを受けていることが前提のものです。
特にシードゥエラーは、基本のパッキンのほかに、ガスエスケープバルブのパッキンの劣化、汚れ、異物の侵入などで普段使いでも防水不良を起こす可能性がありますので、メンテナンスのタイミングにはよりシビアにならなくてはなりません。

  
  • 最近の修理実績

  • 2019年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930