ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス サブマリーナー Ref.16610 リバーシングホイール サビ 摩耗

2019.02.14

今回は、新品で購入された、V番のRef.16610をご紹介いたします。 こちらに搭載されているムーブメントは、Cal.3135です。購入から、約10年で最初のオーバーホールということで分解してみると、やはり自動巻き機構にサビが発生しておりました。この症状は、メンテナンス不足のCal.3135では珍しくありません。むしろ、不良個所がここだけだったことを考えると、とても優秀だったといえるかもしれません。

少しサビが機械に落ちています。少しサビが機械に落ちています。写真は今回ご紹介の時計のものではありませんが、写真は今回ご紹介の時計のものではありませんが、
ご覧の通り、Cal.3135には、ローターがどちらに
動いても巻き上げられるように、リバーシングホイール(赤い車)が2つ入っています。

 

今回のリバーシングホイールです。オイルが切れ、サビが発生し、ホゾが磨滅しています。今回のリバーシングホイールです。
オイルが切れ、サビが発生し、ホゾが磨滅しています。
2つとも同じような状態でしたので、交換となります。2つとも同じような状態でしたので、交換となります。

 

今回はこの程度で済みましたが、やはり、使用していて不具合を感じなくとも、10年間ノーメンテナンスは間が空きすぎていると言わざるを得ません。
各部パッキンの劣化もありますので、5年くらいで一度メンテナンスに出されることをおススメいたします。

  
  • 最近の修理実績

  • 2019年2月
    « 1月   3月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728