ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

Cal.3135 小鉄車レバー

2018.10.11

今回はリューズ操作に違和感があると、修理ご依頼のCal.3135をご紹介いたします。
リューズ操作に関する不良で最も多いのが、オシドリと呼ばれる部品の破損ですが、持ち込まれた時計の症状は、オシドリの不良ではなさそうです。
分解し、さらに詳しく調べてみます。

小鉄車をスライドさせているコテツレバーと呼ばれている部品です。小鉄車をスライドさせている
コテツレバーと呼ばれている部品です。

この溝にオシドリのダボが入り、カンヌキと同時に操作することにより、ツヅミ車、コテツ車を駆動させ、針回し、カレンダー早送りの切り替えが可能となります。
一見すると問題なさそうですが…

よく観察してみると、一部めくれているのを発見いたしました。よく観察してみると、一部
めくれているのを発見いたしました。

リューズを操作した際に、ここに引っ掛かり、違和感となっていたようです。

正常時にも稀に引っ掛かることがあるのですが、その際に強引に引っ張ってしまったことが、レバーの破損に繋がったのではないかと予想されます。リューズ操作時やねじ込む際に、引っ掛かったときは、強引に操作するのではなく、一度元の位置に戻してから、再度操作をやり直すことが大切です。
あまりにも頻繁に引っ掛かるようでしたら、メンテナンスのご相談をいただければとおもいます。

  
  • 最近の修理実績

  • 2018年10月
    « 9月   11月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031