ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

自動巻き機構 破損

2018.04.05

今回ご紹介するのは、Cal.4130の自動巻き機構です。

リバーシングホイールがバラバラになっています。リバーシングホイールがバラバラになっています。
巻上車の歯が広範囲に欠けています。
バラバラになったリバーシングホイールが受けを削りはじめていました。バラバラになったリバーシングホイールが
受けを削りはじめていました。
幸い、初期段階で使用を中止していたために、
深刻なダメージは負っていませんでした。

 

巻上車を拡大しました。巻上車を拡大しました。

 

リバーシングホイールが何らかの原因で破損し、動かなくなった状態から、無理やり巻上車を動かそうとした結果、歯が欠けてしまったものと思われます。いかなる場合でも、力任せの操作は破損の原因となりますので、不具合などが発生した際は、お近くの店舗までご相談ください。

  
  • 最近の修理実績

  • 2018年4月
    « 3月   5月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30