ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

リューズ操作不良

2018.04.12

今回は、リューズ操作不良で持ち込まれたCal.3130をご紹介いたします。
症状としては、リューズを引いても剣回し(時刻合わせ)ができないというものでした。リューズ操作不良で持ち込まれる時計の中で、最も多い症状は、リューズを引いた際のカチッとした感触がなくなるものだと思いますが、今回の症状とは違うようです。

リューズを引いても、ツヅミ車がスライドしません。リューズを引いても、ツヅミ車がスライドしません。反対側から確認します。ツヅミ車をスライドさせる、カンヌキの先端が折れています。反対側から確認します。
ツヅミ車をスライドさせる、
カンヌキの先端が折れています。

 

滅多に折れる部品ではないので、原因を探すため、考えられる部分を細かくチェックしましたが、見つけることができませんでした。滅多に折れる部品ではないので、原因を探すため、
考えられる部分を細かくチェックしましたが、
見つけることができませんでした。

 

分解洗浄後に、交換して再度動作確認をしましたが、とてもスムーズに動くので、今回の原因はカンヌキ自体にあったのではないかとの考えに至りました。

  
  • 最近の修理実績

  • 2018年4月
    « 3月   5月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30