ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ゼンマイ巻き上げ量

2017.03.03

機械式時計は、巻上げたゼンマイがほどけることで動いています。
一杯に巻上げた状態と、ほどけきる寸前とでは、テンプの振り角が違います。
Cal.3135を、ほどけた状態から、リューズを10回転、20回転、30回転、40回転(全巻き)したときの、ダイヤル下、12時下の様子をご紹介いたします。

リューズ 10回転リューズ 10回転リューズ 10回転

 

リューズ 20回転リューズ 20回転リューズ 20回転

 

リューズ 30回転リューズ 30回転 リューズ 30回転

 

リューズ 40回転リューズ 40回転リューズ 40回転

 

タイミング調整は、全巻きの状態でおこなっております。 タイミング調整は、全巻きの状態でおこなって
おります。 また、振り角は大きいほど精度が高まり、
誤差が小さくなりますので、 ゼンマイをしっかりと
巻上げてから、ご使用ください。

 

  
  • 最近の修理実績

  • 2017年3月
    « 2月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031