ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス エクスプローラーII Ref.16570 オーバーホール

2016.11.17

Ref.16570 D番 Cal.3185

今回は、新品購入から1度もメンテナンスされていなかった、
Ref.16570をご紹介いたします。

機械はかなり傷んでいそうです。約10年間、メンテナンスされていませんので、
機械はかなり傷んでいそうです。
機械はかなり傷んでいそうです。

 

時計を立ててもローターが落ちてきません。時計を持った瞬間に、ローターが正常でない動きをしている感触が伝わってきました。
時計を立ててもローターが落ちてきません。
ローター真のオイルが切れて、サビが発生し、磨滅しています。ローター真のオイルが切れて、
サビが発生し、磨滅しています。

 

自動巻き機構の中も、同じくサビが発生し交換が必要な状態です。自動巻き機構の中も、
同じくサビが発生し交換が必要な状態です。
この状態では精度がでていないのは明らかです。直接の止まりの原因は、
外れたネジがテンプに引っ掛かったことのようですが、
この状態では精度がでていないのは明らかです。

 

こちらもオイル切れです。交換です。こちらもオイル切れです。交換です。こちらもオイル切れです。交換です。

 

サビが発生し、摩耗も進んでいます。アンクルは交換が必要です。サビが発生し、摩耗も進んでいます。
アンクルは交換が必要です。
サビが発生し、摩耗も進んでいます。アンクルは交換が必要です。

 

洗浄後、組み上げました。洗浄後、組み上げました。
削れてしまった受けのキズは残ってしまいましたが、
無事に精度を取り戻すことができました。
洗浄後、組み上げました。

 

洗浄後、組み上げました。

 

機械は使用していれば、必ずオイル切れや、摩耗がおこります。
修理は可能ですが、部品代は高額になり、キズが残ってしまうこともありますので、
定期的なメンテナンスをオススメいたします。

  
  • 最近の修理実績

  • 2016年11月
    « 10月   12月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930