ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

トリチウム夜光

2016.11.04

以前、夜光塗料についてご紹介した際(2016.3.24)に、
発光しているトリチウム夜光をご紹介できませんでしたが、
今回、ようやく見つけましたので、改めてご紹介いたします。
 

Ref.16800  シリアルからは、80年代中盤と推測されます。Ref.16800
シリアルからは、80年代中盤と推測されます。
トリチウムの使用を意味する、T<25の表記ですトリチウムの使用を意味する、T<25の表記です。
最大放射能量が25mCi(ミリキュリー)
以下を意味します。
これはIAEAが定めた特殊時計の
規格に則ったものです。

 

針がぼんやり緑色に光っています針がぼんやり緑色に光っています。
トリチウムの半減期は約12年ですので
、30年前のトリチウムが光ることは考え難いです。
ですので、90年代に入ってから針を
交換されたものと推測されます。

 

Ref.16520 90年代中盤の個体ですRef.16520
90年代中盤の個体です。
針、インデックス共に薄っすらと発光しています夜光の面積が少ないので分かりにくいですが、
針、インデックス共に薄っすらと発光しています。

 

最後にトリチウムが使用されてから20年経っていますので、未だに発光しているものは、極めて稀な個体でございます。
トリチウム夜光の発光が楽しめるのも、あと僅かと思われます。
なお、トリチウムの出すβ線は、大気中では数ミリ、ケースやクリスタルは通過できませんので安全です。

 

  
  • 最近の修理実績

  • 2016年11月
    « 10月   12月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930