ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

バネ棒

2015.08.27

今回は時計本体とブレスを繋げる、バネ棒のご紹介です。
このブログでも何度かご紹介いたしましたが、長い間時計を使っていると、ブレス、ケースに汚れが溜まり、腐食の原因となります。
バネ棒も例外ではありません。また、適切なブレスの長さ調整ができておらずにご使用されていると、変形の原因にもなります。
 

ケースからブレスを取り外しますバネ棒外しで、ケースからブレスを取り外します。交換が必要な不良バネ棒です破損、変形、腐食、固着、
交換が必要な不良バネ棒です。
酷いものは、フラッシュフィットの部品を壊す原因になる場合もあります。

 

同じメンズのバネ棒でも、種類がいくつかあります同じメンズのバネ棒でも、種類がいくつかあります。長さは同じでも太さが違います長さは同じでも太さが違います。
左、114270、116520など
中、16610、16570など
右、214270など

 

合ったバネ棒を選ぶことが大切ですが、<br />中でも最も注意すべきことはこのバネ棒を…モデルに合ったバネ棒を選ぶことが大切ですが、
中でも最も注意すべきことは、
このバネ棒を…
…穴が開いていないケースに使用すると、外すのに大変な時間と労力が必要になってしまいます…穴が開いていないケースに使用すると、外すのに大変な時間と労力が必要になってしまいます。

 

バックルの部分も同様ですバックルの部分も同様です。金無垢モデルはバネ棒も同じ素材です金無垢モデルはバネ棒も同じ素材です。
WGなどは、SSモデルと見分けがつくように、
中心付近に溝が入っています。

 

使用中にバネ棒が破損した場合、時計の落下につながります。
大きな損害が出る前に、交換をオススメいたします。
 

  
  • 最近の修理実績

  • 2015年8月
    « 7月   9月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31