ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス エクスプローラーI Ref.114270 洗浄の様子

2015.01.22

Ref.114270 Cal.3130

今回はオーバーホール時の洗浄について説明させていただきます。
 
オーバーホールご依頼の、Ref.114270 Cal.3130 です。
7年間ノーメンテナンスだったため、オイルが切れ、
ローター芯が削れてしまい、鉄粉が出始めていました。
 

ローターを外したところですローターを外したところです。
少量ですが鉄粉が機械全体にまわっています。
ローター芯の入る石に芯から出た錆がこびりついていますローター芯の入る石(青矢印)に芯から出た錆がこびりついています。
リバーシングホイール、巻上車のホゾ穴にも鉄粉が入っています。

 

下洗いで大体の汚れを落としますそのまま洗浄機にいれても、完全に汚れは落ちないので、その他の部品も含め、下洗いで大体の汚れを落とします。細かな部品は、更に小さなカゴにいれます細かな部品は、更に小さなカゴにいれます。

 

自動洗浄機にセットし洗浄、乾燥されます自動洗浄機にセットし、約20分。
2種類の洗浄液で強力に洗浄、乾燥されます。
(こちらの洗浄機、国産車が買えるくらいのお値段です。)
洗浄後の写真です洗浄後の写真です。綺麗に洗いあがりましたので、
ローターのジブを取り付けたところです。

 

今回は、幸いにもローター芯の削れが初期段階だったため、
ローター芯と4番車の交換で済みましたが、このまま使用されて、
ローター本体が各受けを削り、大量の削り粉が発生しムーブメントが
無残な姿になってしまうこともよくあります。
 
定期的なメンテナンスで早期発見することが重要です。

 

  
  • 最近の修理実績

  • 2015年1月
    « 12月   2月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031