ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス GMTマスター Ref.1675 オーバーホール

2014.09.11

Ref.1675 Cal.1570 1978年製

前回に引き続きGMTマスターRef.1675のオーバーホール分解作業です。
今回はご依頼品のテンプの状態をご紹介します。
 
ご依頼品はテンプの振り落ちが見受けられました。
テンプの振り角はある程度の角度がないと精度が安定せず、機械に様々な悪い影響がでてきてしまいます。
振り落ちの原因は様々ですが、テンプのオイル切れや軸であるテン真の摩耗など、テンプの状態によって振り落ちの原因になることも多く、分解作業時に状態をよく確認する必要があります。
ご依頼品のテンプの状態はテン真に軽度の傷が見受けられたものの、比較的きれいな状態でした。
 
ご依頼品のテンプの状態をご覧ください。
 

ご依頼品のヒゲゼンマイテンプのオイルが少ない状態ですが、ご依頼品のヒゲゼンマイはきれいな状態を保っております。
ヒゲよりなどの症状が見受けられる場合には、分解作業時になおします。
ヒゲゼンマイなどテンプの状態をサイドからも確認をしますヒゲゼンマイなどテンプの状態をサイドからも確認をします。
水平の状態が保たれ、きれいなヒゲゼンマイです。

 

テンプ受けを外しますテンプの軸であるテン真の状態を確認するためテンプ受けを外します。
ヒゲゼンマイを保持しているテンプ受けのスクリューを慎重に緩め、テンプ受けを取り外します。
Cal.1570 テンプCal.1570 テンプ

 

テン真 拡大写真
ゼンマイの強い力も輪列機構の各歯車、脱進機を経ることでテンプに伝わるまでにとても弱まってしまいます。
テンプはとても繊細な力で動いているため、テンプの軸であるテン真の軽度の摩耗も振り落ちの原因になってしまいます。
写真では確認しづらいのですが、ご依頼品のテン真も多少の傷が見受けられますので磨く作業が必要です。

 

  
  • 最近の修理実績

  • 2014年9月
    « 8月   10月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930