ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス ミルガウス Ref.116400 時間の進み

2014.08.14

Ref.116400 Cal.3131 M番(2007年製)

今回のご依頼品はミルガウスRef.116400です。
 
一日に30秒ほど進んでしまうとのことでご依頼をいただきました。
 
ご依頼品の時計の状態は、機械全体のオイル切れに伴いテンプの振り角が落ち、またテンプの一部であるヒゲゼンマイが一方向に偏ってしまうヒゲよりが見受けられました。
オイル切れの状態がご依頼品の精度を狂わせた主な原因と考えられますが、ヒゲゼンマイがよってしまっている状態も大きく精度に影響していたと考えられます。
 
ご依頼品の時計はオイル切れの状態のため、オーバーホールで対応させていただきました。
症状の原因と考えられる不良個所一つ一つを改善し、購入時と変わらない状態でお客様にお返し致します。
 
ご依頼品のテンプのヒゲゼンマイが偏ってしまっている状態をご紹介します。
 

ご依頼品 Ref.116400ご依頼品 Ref.116400
初代ミルガウスを感じさせるオレンジのイナズマ針が採用され、グリーンのサファイヤクリスタルも特徴的です。
ご依頼品 テンプヒゲより Cal.3131ご依頼品 テンプヒゲより Cal.3131
ヒゲゼンマイがテンプの左上の方向に偏ってしまっているのが確認できます。
ヒゲゼンマイの状態も機械の精度に大きく影響しますのでオーバーホール時に、形を崩さぬよう正常な形に戻します。

 

  
  • 最近の修理実績

  • 2014年8月
    « 7月   9月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031