ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス デイトナ Ref.116520 オーバーホール

2014.07.31

Ref.116520 Cal.4130 Z番(2006年製)

今回のご依頼品はデイトナRef.116520です。
経年の使用による定期オーバーホールのご依頼です。
 
ご依頼品の時計はオイル切れにより、輪列機構の二番車に摩耗が見受けられました。
二番車の摩耗している状態を写真でご紹介します。
 
ご依頼品の二番車は非常に摩耗が進んでいたため交換致しました。
 
ご依頼品は現在、オーバーホール後のタイミング調整を行い、実測にて精度の測定中です。
日差、姿勢差などの精度も安定し、クロノグラフ機構を含めた各機構の動作も良好です。
 

ご依頼品ですご依頼品です。
Ref.116520 白文字盤
Cal.4130Cal.4130
クロノグラフ機構が搭載されているCal.4130は他のモデルの機械に比べて、パーツ数も多く複雑な仕組みになっています。
クロノグラフの修理に携わるには数多くの修理経験が必要です。

 

摩耗していたご依頼品の二番車ですオイル切れにより、摩耗していたご依頼品の二番車です。
摩耗で二番車のホゾが歪な形になっている様子が確認できます。
Cal.4130組み立てCal.4130組み立て
各機構の動作確認を繰り返し、機械を組み上げていきます。

 

  
  • 最近の修理実績

  • 2014年7月
    « 6月   8月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031