ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス デイトジャスト Ref.16234 水入り

2014.03.06

Ref.16234 Cal.3135

今回はデイトジャスト Ref.16234のオーバーホールのご依頼をいただきました。

針とダイヤルにシミやくもりがあり、機会に多少の錆が生じている状態でした。

防水性能に優れたロレックスのオイスターケースですが、リューズを開放した状態のまま水中で操作した場合や水中で瞬間的に激しい動きをした場合など時計内に水が入ってしまう可能性があります。
また長年の使用によって裏ブタやチューブ等各パッキンの劣化、外装パーツの傷みや腐食により防水性能が落ちる事があり、防水性能が落ちている状態で水中や水まわりで使用した場合に同等のリスクが生じます。
 

水入りにより、変色したダイヤル水入りにより、変色したダイヤル機械内部機械内部
巻真等、多少の錆が発生していますが早期対応により多くのパーツ交換は必要ありません。
ただ長期間放置した場合など、機械全体に錆が発生してしまうことがあり、多くのパーツ交換が必要になる場合があります。

 

水圧式防水試験 - 防水不良水圧式防水試験 – 防水不良
(チューブ不良の為リューズまわりから気泡)
クリスタル内側のくもり水入りの場合、写真のようにクリスタル内側にくもりが発生する事があります。

 

  
  • 最近の修理実績

  • 2014年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31