ロレックス修理専門会社クラウンマイスターズ

Crown-Meisters & Co.

ロレックスの修理実績をご紹介いたします

ロレックス エクスプローラーII Ref.16570 オーバーホール その1

2014.03.20

Re.16570 Cal.3185 F番(2003年製)

今回はエクスプローラーII Ref.16570のオーバーホール(分解)です。

とても大事に扱われていたようで、時計の内装、外装ともによい状態です。
ただ、各パーツのオイル切れ、劣化などによりテンプの振り角が240~250度に落ちていたのに関連し、精度が若干落ちていました。

次回に続きます
 

Ref.16570の白文字盤Ref.16570の白文字盤。今回の修理品です。これから分解を進めていきますこれから分解を進めていきます。
Cal.3185など4針のモデルは文字盤と針の距離が近いのでより注意が必要です。

 

  
  • 最近の修理実績

  • 2014年3月
    « 2月   4月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31